夏の黄金比

多趣味な都の西北4年生が色々な事を考える手帳。学生生活、就活失敗談、趣味の事。コントレックスは箱買いしません。

ぎりぎりの就活現状

ちょっと息抜き。

 

こんばんは。ちょっと疲れたので、文章を書きたいと思います。

あと2日で6月1日。就活生にとっては運命を分かつ日、大学3年生にとっては、将来を考え始める日かな?笑

周りの友人も、内定をもらっている人がいたり、まだ内定をもらっていない人もいたり、もはや就活をしていない人、沢山います笑

今日も、最終面接を1社受けてきました。

 

正直、3月から解禁して面接を20回以上こなしていても、「これいけたわ」っていう実感がわいたことが無いです笑そして、いくら自分を取り繕っても、結局は相手との相性で結果が決まるな、と20回の面接を通じて痛感しました。人それぞれ反応は異なるし、受かったと思っても落ちる、落ちると思ったら受かる…それの繰り返しでした。

こうやったら絶対乗り切れるとかそんな必勝法はないと思います。本当に就活って運命です。選んだ企業が、自分に本当にマッチしているか。という運命。どんなに行きたい企業でも、相性が合わないと採用してくれない…。そこが、就活の辛いところなのかなあと思います。(私はもともと第一志望だった企業に祈られているのでなおさらそう思います笑)

 

自分も、現在の第一志望の最終面接まで、なんとかたどり着く事が出来ました。でも、まだ油断できません。最終でも、落とすところは落としますし、私自身3回くらい最終までこぎつけましたが、通過できたのは1社のみでした笑それだけ、本当にシビア。

 

もし大学3年生でこのブログを読んでいる方がいたら、この4年生の姿を頭の片隅にでも置いておいていただけたら嬉しいです。自分が納得いく就活を終えたら、自分の就活失敗体験をまとめるので笑あくまでも、私の意見ですけれども!

 

突然真面目な記事ですいません笑ちょっと自分の為の文章が書きたくなってしまいました。ラストスパート、頑張って納得いく結果が報告できる様に、頑張ります!